1. サービスマネージャーへのログイン

ウェブブラウザ上から、弊社にご登録いただいているメールアドレス/パスワードを利用し、ログインいただきます。
ログイン後、以下の手順にて証明書のお申し込み、ならびに証明書を取得する組織等の情報をご連絡いただきます。

証明書のお申し込み
項目.1 コモンネームの入力
※コモンネームのホスト名は「www」のみ対応となります。
項目.2 お申し込み証明書の選択
項目.3 契約年数、オプション(AOSSL Seal/無料)使用、不使用の決定
※契約年数は「1年」のみとなります。
CSRの申請/ウェブアプリケーションの選択
項目.4 CSRの申請
[お客様が証明書導入環境でCSRを作成する場合]
※事前に申請するPC端末上のCSRを保存してください。
CSRの申請
[CSR発行サービスをご利用の場合]
※の付いた項目は必須項目です。
  • Organization(組織名)
  • Organization Unit(部署名)
  • Locality(市区町村)
  • State(都道府県)
  • Country(国コード)
項目.5 ウェブアプリケーションの選択
※IIS、Apacheなどを選択します。
認証方法の選択
項目.6 メール認証
認証局が定める承認メールアドレスを用いて認証を行います。認証用のメールアドレスをご指定ください。
ページ認証
認証局より提供される認証用のMETAタグをコモンネーム配下のページに挿入し、該当ページを認証局により確認を行います。
申請担当者情報の入力
項目.7 組織名の入力
※申請を行う組織名を入力ください。
項目.8 部署名の入力
※申請担当者の所属部署を入力ください。
項目.9 担当者名の入力
※申請担当者の名前を日本名表記および英名表記で入力ください。
項目.10 電話番号の入力
※申請担当者(組織)の電話連絡先を入力ください。
申込内容(申請内容)の確認
項目.11 申込内容(申請内容)確認
※お申し込み内容ならびに申請内容の確認となります。

秘密鍵(プライベートキー)

 CSR発行サービスをお申込みの場合、申請完了画面に秘密鍵(プライベートキー)が表示されますため、忘れずに保存ください。

2. お支払いお手続き

お申込み後ご契約者様のご連絡先メールアドレス宛てに、お申込みのお控えとお支払いに関するメールが送信されます。

メールの内容に従って、お支払いのお手続きをお進めください。ご入金の確認後、申請手続きを開始いたします。

3. 弊社代行による申請の実施

 弊社代行による事務手続上、一部弊社のメールアドレスとなります。

4. オンラインでの認証作業

認証方法に「メール認証」を選択した場合

選択した承認メールアドレス宛へ、認証確認のメールが送達されます。メールに記載されているURLへアクセスし、認証を行います。

 選択した承認メールアドレスが受け取れない場合、再度申請を行う必要があります。弊社までご連絡ください。

認証方法に「ページ認証」を選択した場合(2017/1/30まで)

認証用METAタグを申請時に指定されたFQDN(コモンネーム)配下のページに記入いただき、AOSSL発行部が該当ページを確認することでお客様のドメイン名の利用権限を認証いたします。

認証方法に「ページ認証」を選択した場合(2017/1/30以降)

AOSSL発行部より提供されるドメイン審査コードを記載したファイルをAOSSL発行部の指定する箇所にアップロード

■ www.から始まるコモンネームの場合

www.から始まるコモンネームの場合2Wayの適用が可能です。
(2Wayを適用するためには www. を省いたURLによる認証が必要です)

▽ 2Way

www.を省いたFQDNに対しても有効な証明書が発行されます。
(2Wayで追加されるFQDNに対してはフィーチャーフォンからの接続には対応しておりません)

▼ コモンネームが www.ssl.ph の場合

2Way対応ページ認証URL例
http://ssl.ph/.well-known/pki-validation/gsdv.txt

2Way非対応ページ認証URL例
http://www.ssl.ph/.well-known/pki-validation/gsdv.txt

記載するドメイン審査コード例
<meta name="_globalsign-domain-verification" content="(指定のID)">

■ www.から始まらないコモンネームの場合(弊社サーバご利用時のみ)

AOSSL発行部の指定するコモンネーム配下の特定のディレクトリファイル名でテキストファイルを設置します。

▼ コモンネームが example.ssl.ph の場合

ページ認証URL例
http://example.ssl.ph/.well-known/pki-validation/gsdv.txt

記載するドメイン審査コード例
<meta name="_globalsign-domain-verification" content="(指定のID)">

 2017年2月27日までは旧来の設置場所と併用することができます。
2017年2月27日以降に旧来の場所にMETAタグを設置した場合、エラーが表示され審査が完了いたしません。
変更後の設置場所にMETAタグを設置くださいますようお願いいたします。

認証方法に「DNS認証」を選択した場合

■ www.から始まるコモンネームの場合

www.から始まるコモンネームの場合2Wayの適用が可能です。
(2Wayを適用するためには www. を省いたFQDNによる認証が必要です)

▽ 2Way

www.を省いたFQDNに対しても有効な証明書が発行されます。
(2Wayで追加されるFQDNに対してはフィーチャーフォンからの接続には対応しておりません)

▼ コモンネームが www.ssl.ph の場合

DNS認証用FQDN(2Way対応)
ssl.ph

DNS認証用FQDN(2Way非対応)
www.ssl.ph

■ www.から始まらないコモンネームの場合

グローバルサインの指定するコモンネームのDNSにTXTレコードを設定します。

▼ コモンネームが example.ssl.ph の場合

DNS認証用FQDN
ssl.ph
example.ssl.ph

5. 認証後、証明書の発行完了

発行された証明書をサーバへインストールしてご利用ください。

AOSSL専用サイト

※「AOSSLサーバ証明書®」は株式会社ハイパーボックスの登録商標です。

AOSSLのお申し込み方法