AOSSL ウェブブラウザの対応端末

AOSSL

ウェブブラウザへの対応

現在以下の環境で対応可能となっております。

ウェブブラウザ(SHA-1証明書)
  • Microsoft Internet Explorer 6 SP2 以降
  • Mozilla Firefox 3.02 以降
  • Apple Safari (Mac OS X 10.4.10 以降)
  • Opera 9.26 以降
  • Google Chrome

Windows Vista 以降では、マイクロソフト社のサイトよりルート証明書を取得するため、インターネットへの接続が必要になります。

アプリケーションスイート
  • ORACLE Java Runtime Environment (JRE)
    1.7.0以降
    1.6.0_10 以降
    1.5.0_16 以降
    1.4.2_18 以降
  • NSS 3.11.10 以降
  • SeaMonkey 2 以降
対応OS(SHA256証明書)
  • Microsoft Windows XP SP3 以降
  • Microsoft Windows Server 2003 (SP2 + Hotfix KB2868626) 以降
  • Microsoft Windows Phone 7 以降
  • Apple Mac OS X 10.5 以降
  • Apple iOS 3.0 以降
  • Google Android 2.3 以降
  • RIM BlackBerry 5.0 以降
ウェブブラウザ(SHA256証明書)
  • Microsoft Internet Explorer 6 (Windows XP SP3) 以降
  • Google Chrome 1.0 以降
  • Mozilla Firefox 3.02 以降
  • SeaMonkey 2 以降
  • Netscape Navigator 7.1 以降
  • Opera Software Opera 9.5 以降
  • Apple Safari 3 (Mac OS X 10.5) 以降
  • KDE Konqueror 3.5.6 以降

Windows Vista 以降では、マイクロソフト社のサイトよりルート証明書を取得するため、インターネットへの接続が必要になります。

対応サーバ(SHA256証明書)
  • Apache httpd OpenSSLが対応していれば利用可能
  • Apache Tomcat Javaが対応していれば利用可能
  • Microsoft IIS Windowsが対応していれば利用可能
  • Microsoft Exchange Server Windowsが対応していれば利用可能
  • Oracle Weblogic 10.3.1 以降
  • IBM HTTP Server GSKit 7.0.4.14 以降で利用可能
  • IBM Domino Server 9.x (Fix Pack) 以降
対応ライブラリ(SHA256証明書)
  • OpenSSL Project OpenSSL 0.9.8o 以降
  • GnuTLS 1.7.4 以降
  • Oracle JRE 1.7.0 以降、1.6.0_17 以降、1.5.0_22 以降、1.4.2_19以降
  • Mozilla NSS 3.11.10 以降
  • Microsoft .NET 3.5 SP1 以降

ハッシュアルゴリズムのSHA256は、OpenSSL 0.9.8より搭載されておりますが、標準で有効になったのは0.9.8oからです。