SSL・実在証明はなぜ必要?

SSL・実在証明はなぜ必要?

インターネット上での危険はすぐ隣にあります。

インターネット上での情報(通信)のやり取りには、大きく分けて二つの問題があります。
それはインターネット上の通信の安全性と相手の顔がみえないことです。

インターネット上の危険性

インターネット通信上の盗聴・改ざん

インターネット上で情報を取り交わす場合には、通常メールやウェブサイトのフォームを使いやり取りを行いますが、これには通信の特性上、常に盗聴・改ざんの危険性が隣にあります。

盗聴・改ざんが発生した場合には、企業にとって大きな致命傷となります。
また個人情報の保護法の制定から、運営者側は社会的に保護する責任があります。

盗聴

データ改ざん

インターネット上での成りすまし行為

またインターネットは相手の顔が見えづらく、確認することも難しいため、成りすましの危険性もあります。

現実の世界での重要な情報のやり取り・契約などを行う場合には、実際に相手に会いやり取りを行いますが、インターネット上では難しいのが実状です。

成りすましなどによる被害としてはフィッシング詐欺行為が有名です。これは利用者側・運営者側双方にとって大きなダメージとなります。

成りすまし行為

改ざん・成りすましなどの問題から発生するトラブル

また改ざんの危険性があるため、インターネット上でのやり取りで注文数・注文内容などに問題が発生した場合には、相手に対し反論が難しい場合も想定されます。

成りすまし行為の被害にあった方からの一方的な問い合わせに対し、説明が難しい場合も考えられます。

サーバ証明書は、インターネット通信の保護と実在性を証明するサービスです。

事例・ライブラリ