事例・ライブラリ

SSL暗号化通信の仕組み

SSL暗号化通信の仕組み

SSLサーバ証明書は、公開鍵と秘密鍵のキーペアからなる公開鍵暗号方式(PKI=Public Key Infrastructure)という技術によるセキュリティシステムを利用しています。

「公開鍵」は、不特定多数に公開することを目的としているのに対し、「秘密鍵」は所持者のみに管理されます。

秘密鍵で暗号化したデータは公開鍵でしか復号化(解読)できず、公開鍵で暗号化したものは秘密鍵でしか復号化できません。
つまり、公開鍵で暗号化したデータは、一般に公開しても秘密鍵を持たない相手に内容を解読されることは無いということです。

SSL暗号化通信は、下図のようなプロセスを経てユーザ、ウェブサーバ間での通信が行なわれています。

SSL暗号化通信の仕組み

事例・ライブラリ

事例・ライブラリ一覧

マニュアル・ヘルプ

マニュアル・ヘルプ一覧