事例・ライブラリ

  1. HOME
  2. 事例・ライブラリ
  3. SSLについて
  4. データライブラリー
  5. SSL暗号化、公開鍵暗号方式とは?

SSL暗号化、公開鍵暗号方式とは?

SSL暗号化、公開鍵暗号方式とは?

SSL暗号化通信に用いられている公開鍵暗号方式(PKI=Public Key Infrastructure)とは、これまでの共通鍵暗号方式の欠点を補う目的で考案された新しい暗号方式です。

共通鍵暗号方式とは、暗号化と復号化(暗号の解読)に同じ鍵を使用する暗号方式のことです。暗号化と復号化に同じ鍵を必要とするため、送信者、受信者共に同じ鍵を共有する必要があり、受信者に暗号化したデータと共に復号化に必要な鍵を安全に届ける必要があるという欠点がありました。

さらに、通信相手の数だけ個別の鍵を保管しなければならないという欠点もあることから、共通鍵暗号方式の利用は難しくなってきました。そこで考案されたのが公開鍵暗号方式です。

SSL暗号化、公開鍵暗号方式とは?

公開鍵暗号方式では、暗号化と復号化に異なる鍵を利用します。この2つの鍵はペアとなっており、それぞれ「公開鍵」、「秘密鍵」と呼び、「一方の鍵を使って暗号化されたデータは、そのペアとなる鍵でしか復号化できない」という特徴を持ちます。

この特徴を生かすことによって公開鍵暗号方式は、鍵を受信者に送るための安全性を必要とせず、1つの鍵で複数の暗号化通信が可能となりました。
また、暗号化と複合化に別の鍵を用いることにより、第三者による不正な解読が困難になるという利点もあります。

事例・ライブラリ

事例・ライブラリ一覧

マニュアル・ヘルプ

マニュアル・ヘルプ一覧