EV SSL特集/利用者の不安とSSLの関係

利用者の不安とSSLの関係

個人情報を入力するインターネットサービスへのニーズ

Q.あなたは以下のインターネットサービスを現在どの程度利用していますか。今後どの程度利用したいですか?(5段階単数回答)

個人情報を入力するインターネットサービスへのニーズ

出典:株式会社マクロミル「セキュリティ意識に関する調査」2008年12月

上記で注目いただきたい箇所は、「現在利用しているサービス」と「今後利用したいサービス」の差です。
特に赤枠で示しているサービスについては、「今後利用したいサービス」が大きく上回っている内容です。

これらのサービスは、顧客のニーズを満たせない要素、または、何かしらの不安が内在していると考えることができるかと思います。

インターネットセキュリティへの不安

Q. 以下の各項目について、最もあてはまるものをお選びください。(5段階単数回答)

インターネットセキュリティへの不安 グラフ2

出典:株式会社マクロミル「セキュリティ意識に関する調査」2008年12月

赤枠で示している箇所は、「非常にあてはまる」「ややあてはまる」を合わせ、インターネット利用者の60%以上がサービスを利用するうえで、「不安」や「ためらい」を感じている内容です。

インターネットのサービス利用において、安心できるセキュリティ仕組みが重要であると考えることができるかと思います。

「個人情報漏洩」に対して、63%が不安なイメージを持っている

インターネットセキュリティへの不安 グラフ3

出典:株式会社マイクロネル「ネットショッピングの利用実態調査」2009年3月

赤枠で示している箇所は、インターネット上のサービス利用において、50%以上のユーザが不安を感じている内容です。クレジットカード情報や個人情報の入手は、ECサイトではビジネスを行うに際し、必要不可欠な要素だといえます。

 

上記3つの結果から、より多くの方にウェブサイトを利用していただくための一つの方法として、「利用者が安全だと簡単に判断できるセキュリティの仕組み」が有効だと考えられないでしょうか。

EV SSLは、ITやインターネットに詳しくない方にも、アドレスバーが「グリーン表示」され、「誰でもわかりやすく」「もっとも確実に」、ウェブサイトの実在性を証明することができます。

EV SSL証明書を導入するなら

事例・ライブラリ