ジオトラストの特徴

高い信頼性

ジオトラストは、証明書の発行数が世界第2位の実績を持ちます。世界で選ばれている信頼の高いSSLサーバ証明書です。

 

書類提出不要のスピード発行

お申し込み以降の認証プロセスは全てオンラインで行なわれるため、24時間以内の発行が可能です。

申請手順について

 

複数台のサーバ構成でも1ライセンスでご利用可能

負荷分散のための複数台サーバ構成やクラウド環境でジオトラストのクイックSSL プレミアムを利用する場合、コモンネームが同一であれば1ライセンス分の料金で何台にでも証明書を利用することができます。

 

信頼の証、最高US$100,000の保証

SSL暗号化通信が解読され、万一の損害が発生した場合、ジオトラストでは最高US$100,000の保証をいたします。高額の保証はSSL暗号化通信の信頼の証です。

CPS(規約等)

 

wwwあり/なし両対応

「www.+ドメイン名(例:www.example.com)」でのコモンネームでお申し込みの証明書の場合のみ、wwwが付かないドメイン名のみ(例:example.com)でのアクセスも有効となります。

www. 無しのアドレスは、携帯電話端末からのSSL通信はできません。

 

乗り換えに対応

ジオトラスト以外の証明書(シマンテック、thawte除く)からの乗り換えの場合、現在ご利用の証明書有効期間の残存分を引き継いで発行されます。ご利用中の証明書有効期限が無駄になりません。

引継ぎ可能な残存期間は最長で12ヶ月となります。

乗り換え元証明書によっては乗り換えに対応していない場合があります。
その場合、ご新規での取得となりますのでご了承下さい。

取得年数3年のクイックSSL プレミアムにつきましては、乗り換えオプションに対応しておりません。

 

更新ボーナス

ジオトラスト社製品は更新時にボーナスとして有効期間が追加されます。
証明書の更新申請タイミングにおいて、現行証明書の有効期間がどのくらい残っているかにより、追加される更新ボーナスが変動いたします。

有効期間残日数 更新ボーナス
14日間以内
+30日
15日間〜45日間
+60日
46日間〜90日間
+91日

また、更新した証明書の有効期間は下記のようになります。

[有効期間開始日] 更新証明書の発行日前後
[有効期間終了日] 更新証明書の発行日に購入年数と更新ボーナスを足した日付の前後

例えば、現行証明書の有効期間が2017年4月15日、購入年数1年、更新申請日が2017年3月4日、更新した証明書の発行日が2018年3月7日の場合、更新申請のタイミングにおいて現行証明書の有効期間残日数が44日となりますため、更新ボーナスは+60日となります。

上記により、更新した証明書の有効期間は以下となります。

[有効期間開始日] 2017年3月7日前後
[有効期間終了日] 2018年5月7日前後

証明書の発行は基本的に認証が完了し次第となりますが、追加審査等により時間がかかる場合がございます。

証明書の発行日は指定することができかねますためご了承ください。

弊社の証明書申請お手続きは、ご入金確認後、平日営業時間内とさせていただいております。

 

ジオトラスト 世界で利用される低価格のSSL。発行は安心の国内認証局から。