ハイパートラストの特徴

「ハイパートラスト」とは、世界で数社しかない最上位であるパブリックルート認証局のグローバルサイン社よりOEM提供を受けている株式会社ハイパーボックスの自社ブランド証明書です。

 

書類不要で最速発行

HyperTrustSSLは、証明書発行において独自のオンライン審査方式にて証明書購入者がウェブサーバー、ドメインに対して正当な管理権限を有するかどうかを審査します。

お申し込みの手順はこちら

 

スピード更新

証明書の更新は有効期限満了日まで待つ必要はございません。有効期限の90日前から期限内でしたら何時でも発行可能です。更に更新は、有効期間から1ヶ月(30日)延長ボーナスがつきます。

 

7日間返金保証

万が一お客様のサーバーに証明書がインストール出来ない場合、キャンセルが可能です。キャンセル可能期間は、証明書発行日を含め7日以内となっております。

CPS(規約等)

 

期限内無償再発行

ディスククラッシュや、サーバ移転等で現在ご利用の証明書が利用できなくなった場合も証明書の期限内でしたら、証明書の内容(認証内容)に変更が無い限り、無償で再発行致します。

 2011年3月までに発行された証明書の再発行には対応しておりません。

 

ライセンスフリー

負荷分散や冗長構成など、複数の機材で同じ証明書を利用する場合、1枚の証明書で別途ライセンス購入する事なく、無制限のサーバ台数でご利用いただけます。但し、複数枚の証明書発行を必要とする場合は個々に、お申込み(料金)が必要となります。

 

2Way

「www.+ドメイン名」でのコモンネームでお申込みの証明書の場合のみ、wwwが付かない、ドメイン名のみでのアクセスも有効となります。

例) : www.example.comでお申し込みいただいた場合、下記のいずれのURLへのアクセスにもご利用いただけます。
・https://www.example.com
・https://example.com

ワイルドカードオプションをご利用の場合は、「*」部分が付かないURLへのアクセスも可能です。

2017年1月末(予定)以降、2Wayの適用には、認証方法に関わらず、コモンネームでなくドメイン名に関する内容で認証を完了する必要がございます。詳細は下記をご確認ください。

携帯電話では「www.」が付かないURLへのアクセスにはご利用いただけません。

 

乗り換えに対応

グローバルサイン以外の証明書からの乗り換えの場合、 現在ご利用の証明書有効期間の残存分を引き継いで発行されます。ご利用中の証明書有効期限が無駄になりません。
引継ぎ可能な残存期間に制限はございませんが、発行後の証明書の有効期間は最大で5年3ヶ月までとなります。

 他認証局で取得された証明書有効期間について5年の残存期間がある場合HyperTrustSSL1年の証明書を取得された場合、発行される証明書の有効期間は5年3ヶ月となります。

 乗り換え元証明書によっては乗り換えに対応していない場合があります。
その場合、ご新規での取得となりますのでご了承下さい。

 アルファSSLからについては更新可能期間(有効期限より90日前)に差し掛かっている場合に限り、お乗り換えでの取得が可能です。アルファSSLの更新可能期間に差し掛かっていない場合は、新規での取得となります。何卒ご了承下さい。

 

更新ボーナス

HyperTrustは更新の際に1ヶ月(30日)が延長ボーナスとして追加されます。
例えば、現行証明書の有効期限が2017年4月15日、購入年数1年の場合、更新した証明書の有効期限は、2018年5月15日前後となります。

 

ハイパートラスト 暗号化強度は最高レベルの1,024bit、PCに特化し低価格にてご提供。