AOSSLの特徴

常時SSLサーバ証明書ならAOSSL

AOSSLは年額1,886円(税別)の低価格で導入可能な常時SSLサーバ証明書です。

値段は安くても、共通鍵256bit、公開鍵2,048bit以上の強度な暗号化通信を可能とし、ブラウザ対応率は99%以上、 最新機種の携帯電話にも対応しているなど、他認証局の上位SSLサーバ証明書と同等のスペックを誇ります。

書類不要で最速発行

AOSSLは、証明書発行において独自のオンライン審査方式にて証明書購入者がウェブサーバー、ドメインに対して正当な管理権限を有するかどうかを審査します。

お申し込みの手順はこちら

 

スピード更新

証明書の更新は有効期限満了日まで待つ必要はございません。有効期限の90日前から期限内でしたら何時でも発行可能です。更に更新は、有効期間から1ヶ月(30日)延長ボーナスがつきます。

 

7日間返金保証

万が一お客様のサーバーに証明書がインストール出来ない場合、キャンセルが可能です。キャンセル可能期間は、証明書発行日を含め7日以内となっております。

 

期限内無償再発行

ディスククラッシュや、サーバ移転等で現在ご利用の証明書が利用できなくなった場合も証明書の期限内でしたら、証明書の内容(認証内容)に変更が無い限り、無償で再発行致します。

 

ライセンスフリー

負荷分散や冗長構成など、複数の機材で同じ証明書を利用する場合、1枚の証明書で別途ライセンス購入する事なく、無制限のサーバ台数でご利用いただけます。但し、複数枚の証明書発行を必要とする場合は個々に、お申込み(料金)が必要となります。

 

2Way

AOSSLは、ホームページのトップページからサイト全域でのご利用を推奨しております。
「www.+ドメイン名」、「ドメイン名」のどちらでもご利用いただけます。

コモンネームのホスト名は「www」のみ対応。
https://www.example.com または https://example.com でご利用いただけます。

ドメインキーパーホスティングサービス(「セキュリティに特化した共有サーバー 4 Stars Server」、「専用サーバー blue Box」、「クラウドサービス HyperCloud」、「ハウジングサービス blue Case」)をご利用のサイトへ導入される場合に限り、ホスト名の制限なくご利用いただけます。

2Wayの適用には、認証方法に関わらず、コモンネームでなくドメイン名に関する内容で認証を完了する必要がございます。詳細は下記をご確認ください。

携帯電話では「www.」が付かないURLへのアクセスにはご利用いただけません。

更新ボーナス

AOSSLは更新の際に1ヶ月(30日)が延長ボーナスとして追加されます。
例えば、現行証明書の有効期限が2017年4月15日、購入年数1年の場合、更新した証明書の有効期限は、2018年5月15日前後となります。

 

「AOSSLサーバ証明書®」は株式会社ハイパーボックスの登録商標です。

AOSSL 年額1,980円からできるセキュリティ対策。