ヘルプ

  1. HOME
  2. マニュアル・ヘルプ
  3. よくある質問
  4. 取得時の注意について

よくある質問

取得時の注意について

コモンネームについて

コモンネームとは、SSL接続をする際のURLとなり、ホスト名+ドメイン名(FQDN)での構成となります。

CSRを生成の際に[Common Name]として入力する項目で、SSL暗号化通信をする際に証明書の検証に使用されます。

コモンネームが異なる場合には、SSL通信確立時、証明書の内容と不一致によりエラー等が発生し、利用することができません。

例 SSL接続の際のURL

SSL接続のURL コモンネーム
https://www.example.com/form www.example.com
https://hyperbox.co.jp/ hyperbox.co.jp
https://ssl.sample.hyperbox.co.jp/ ssl.sample.hyperbox.co.jp

複数のサブドメインを利用したサイトでは、サブドメイン単位で証明書を取得する必要があります。

グローバルサインのクイック認証SSL企業認証SSLワイルドカードオプションを併用する、 あるいはハイパートラストのHyperTrust+ワイルドカード(オプション)のご利用で、同一ドメイン内であれば複数のコモンネームを1枚の証明書でSSL暗号化通信を実現いたします。

ページの先頭へ戻る

CSRの情報について

CSRには発行の際には、証明書を導入するサイトやサイトの運営組織に関する情報を登録してください。入力した情報は、発行される証明書に反映されます。よくご確認のうえ、CSRを発行してください。

ページの先頭へ戻る

CSRに指定する文字や文字数について

CSRで利用できる文字列は制限があります。
使用不可文字は他の文字で代替してください。

Common Nameは、半角英数文字、[-]、[.]
Countryを除くその他の情報は、半角英数文字、半角スペース、[,]、[+]、[-]、[.]、[/]、[_]、[()]となります。

ページの先頭へ戻る

キーペアファイルのバックアップについて

CSRの発行時、CSRを発行の際利用した秘密鍵(プライベートキー)をCD・FDDなどを利用し、外部メディアへバックアップしてください。

証明書発行後のバックアップ

証明書取得後は、秘密鍵(プライベートキー)と発行された証明書を対でCD・FDDなどを利用し、外部メディアでバックアップしてください。

バックアップを行うファイル

  • サーバ側の秘密鍵(プライベートキー)
  • 認証局発行の証明書

特に秘密鍵を紛失された場合には、再取得が必要となります。

ジオトラストのみ、秘密鍵紛失時でも無償での再取得が可能です。(2006/11/18以降発行の証明書のみ対象)

キーペアファイルのバックアップ方法

ページの先頭へ戻る

事例・ライブラリ

事例・ライブラリ一覧

マニュアル・ヘルプ

マニュアル・ヘルプ一覧