認証レベルの違い

認証レベルの違い

認証レベル1 ★

ドメインの認証

認証レベル1は、ドメインが認証されていることを示します。
ドメインの認証とは、サーバ証明書の所有者がコモンネームに含まれるドメインの使用権を所有していることを認証しています。

ウェブ掲載用のシールが提供されているサーバ証明書であれば、ウェブサイトがドメイン所有者または使用許諾者によって運営されていることを、ユーザへアピールできます。
認証手続きは、オンラインによる認証のため、即日発行も可能です。

認証レベル2 ★★

企業の実在性

認証レベル2は、ウェブサイト運営組織の実在性が証明されています。
運営組織の実在性とは、コモンネームに含まれるドメインを所有し、法的に存在している企業や団体がウェブサイトを運営していることを証明しています。

インターネット上では、ウェブサイトの運営者が個人であるか法人であるか見えにくく、ユーザ(消費者)にとって不安となる要素の一つだと思います。
ユーザへの不安を取り除く要素として、運営組織の実在性を活用することができます。

認証レベル3 ★★★

一目でわかる実在性+フィッシング対策(EV SSL)

認証レベル3は、新規格のEV SSLになります。
"EV SSL"を導入したウェブサイトにアクセスした場合、アドレスバーは「緑色※1」に表示され、同時に企業名・認証局名も表示されます。
ユーザ(消費者)は、一目で本物のウェブサイトとして認識することができ、安心して買い物などをすることができます。
導入した企業はセキュリティ対策への取組みを強くユーザにアピールすることが可能です。

"EV SSL"は、日本の金融機関のほぼ全てに導入されている信頼感の高いSSLサーバ証明書です。
時代性からユーザの信頼感向上のために、2008年8月以降、ECサイト、企業サイトでも導入するケースが増加してきています。

※1取得したEV SSLの種類により、対応するブラウザが異なります。
EV SSLの全てで、Windows VistaのIE7.0の環境の場合には、標準でアドレスバーが緑色に表示されます。

事例・ライブラリ