EV認証タイプ(EV)とは?

EV(Extended Validation)認証タイプ(EV)のSSL証明書とは、増加するフィッシング詐欺の防止を目的として策定された、厳格な認証プロセスのもとに発行されるSSLサーバ証明書です。

厳格な審査

認証プロセスは、これまでのSSLサーバ証明書で各社様々だった審査基準を統一し、ドメイン所有権の確認だけでなく、事業を行っている住所の確認、申請責任者の権限の確認など、従来の証明書より厳格な審査が必要となっています。

EV認証タイプ(EV)とは?

EV認証タイプ(EV)のSSL証明書の効果

対応しているウェブブラウザ(PCやスマートフォン、ブラウザ、バージョンにより異なります)でEV認証タイプ(EV)のSSL証明書が導入されたサイトへhttpsでアクセスすると、ウェブブラウザ(PC)のアドレスバーの左側に鍵マークに加えて、組織名が表示されます。

EV認証タイプ(EV)のSSL証明書が導入されていること、サイト運営元の組織名が一目でわかるので、ウェブサイトを訪れるユーザーへ、安全性をよりわかりやすくアピールできます。

Chrome 77(Win)、Safari 12(Mac)は、アドレスバーでの社名表示はされませんが、鍵マークをクリックすることで、発行先の社名を簡単に確認することができます。

EV認証タイプ(EV)の効果

EV認証タイプ(EV)のSSL証明書を導入するなら

弊社ではグローバルサイン、CSP SSL、シマンテックのEV認証タイプ(EV)のSSL証明書を直接購入よりお得な価格で取り扱っております。ご予算、ご利用目的に合わせてお選びください。


EV認証タイプ(EV)について

はじめてのSSL