SSLをインストールした後にWEBブラウザでSSLのインストール確認すると思いますが、確認作業はWEBブラウザでの確認だけでは不十分な場合がございます。
WEBブラウザには、一般的によく利用されている認証局の中間証明書があらかじめインストールされているため、中間証明書をインストールし忘れていても、エラー無く表示されてしまうからです。

 Internet Explorerの場合、メニューの「ツール」から「インターネットオプション」を選択して、「コンテンツ」タブを選択し、「証明書」ボタンをクリックします。「信頼中間証明機関」タブをクリックすると、インストールされている中間証明書を確認できます。

SSLのインストールに問題がないか確認するツールをSSL認証局が提供しております。

Symantec Crypto Report
https://cryptoreport.websecurity.symantec.com/checker/

Symantec Crypto Report

確認したいサイトのコモンネームを入力し「Check」をクリック

Certificate is installed correctly

[ Certificate is installed correctly ] と表示されれば問題なしSSLが問題なくインストールされております。

「Certificate chain」の欄に2階層(クロスルート証明書を使っている場合は3階層)で証明書のインストール状況を確認できます。 緑色のチェックを確認できれば問題ありません。

Certificate chain

SSL certificate is not installed

[ SSL certificate is not installed ]と表示された場合、SSL証明書が確認できない状況となります。SSL証明書のインストール状況を確認ください。

Certificate is not installed correctly

[ Certificate is not installed correctly ]と表示されたら、正常にSSLがインストールされていない可能性がございます。

問題の箇所は「Certificate chain」の欄で証明書のインストール状況を確認できます。

Certificate chain

この場合、SSL証明書は確認できるが中間証明書が確認できない状況となりますので、中間証明書のインストール状況をご確認ください。

SSL証明書を導入した際、是非ご活用ください。

SSLサーバ証明書 インストール確認方法