導入効果を上げる方法/SSL導入後のメッセージ

SSL導入後のメッセージ

ウェブサイトの安全性を分かりやすくアピール

シール表示で安全性をアピール

SSLサーバ証明書の多くは、発行後にウェブサイト上に認証局から提供されたシールを表示することでき、インターネットの利用者にわかりやすくサイトの安全性をお伝えすることができます。

弊社では、さらにSSLサーバ証明書の導入効果を高める方法として、シール表示とともに、具体的な安全性を説明することをお奨めしています。

ポイント1 SSLは、第三者の脅威から保護

SSLサーバ証明書が導入されたウェブサイトでは、お問い合わせなどのメールフォームに入力されたお客様の各種情報は、SSL(Secure Socket Layer)により暗号化され、第三者の盗聴や改ざんなどから守られています。

SSLで暗号化

つまり、SSLサーバ証明書が導入され「https://」から始まるウェブページであれば、サイト訪問者(お客様)から運営者へ安全に個人情報を連絡することができます。

ポイント2 SSLは、サイト運営者の証明

SSLサーバ証明書は、サイト運営者が存在していることや企業が確かに存在していることの証にもなります。顔の見えないインターネットでは、実在性が証明されていることは重要です。

サイト運営者・組織実在証明

ウェブサイトでの説明について

弊社では、SSLサーバ証明書を導入したウェブサイト上で、上記「ポイント1」、「ポイント2」の内容を説明することをお奨めしております。

例文:
「当サイトは、シマンテックによりサイト運営組織の実在性が証明されています。
また、SSL暗号化通信により、第三者の改ざん、成りすましからお客様をお守りいたします。」

 

EV SSLの例

SSL説明ページ例

サイトの利用者はブラウザ上に表示された「https」から始まるURLや鍵アイコン、またはページ内に表示されたシールにより、ウェブサイトにSSLサーバ証明書が導入されていることを確認することができます。

これらがなぜサイト利用の安全性に繋がるのか、分かりやすい説明を加えることで利用者にさらなる安心感を与えます。

一例としては、EV SSL証明書を導入しているフラワーショップのウェブサイトでは、お客様の個人情報保護のためにEV SSL証明書が有効であることを説明したウェブページを設置し、サイトを安心して利用していただけるよう利用者に対する配慮を行っています。

事例・ライブラリ