証明書の種類の違いとは?

SSLサーバ証明書は、認証レベルが3段階。異なる価値を把握しよう。

SSLサーバ証明書は認証レベルが3段階あり、認証レベルを把握することで証明書の内容がわかりやすくなります。

一般的に認証レベルが上位に行くほど、ウェブサイトに訪れるユーザへ信頼感をよりアピールでき、機能も充実してます。反対に、認証レベルが低くなるほど機能が少なくなりますが、低価格で導入できる、短時間で発行が可能などのメリットがあります。

グラフ

SSLサーバ証明書を導入するウェブサイトにとって、信頼感をアピールする必要があるサイト、「例えばECサイトであれば、認証レベルの高いSSLサーバ証明書を取得する」といった使い方が、コストパフォーマンスの良いSSLサーバ証明書選びだと考えられます。

価格も認証レベルと比例し、高価格になるため、認証レベルの違いを掴むことで、価格も同時に分かってきます。

事例・ライブラリ