コモンネームについて

コモンネームとは、SSL接続をする際のURLとなり、ホスト名+ドメイン名(FQDN)での構成となります。

CSRを生成の際に[Common Name]として入力する項目で、SSL暗号化通信をする際に証明書の検証に使用されます。

コモンネームが異なる場合には、SSL通信確立時、証明書の内容と不一致によりエラー等が発生し、利用することができません。

例 SSL接続の際のURL
SSL接続のURL コモンネーム
https://www.example.com/form www.example.com
https://hyperbox.co.jp/ hyperbox.co.jp
https://ssl.sample.hyperbox.co.jp/ ssl.sample.hyperbox.co.jp

複数のサブドメインを利用したサイトでは、サブドメイン単位で証明書を取得する必要があります。

グローバルサインのクイック認証SSL、企業認証SSLにワイルドカードオプションを併用する、あるいはハイパートラストのHyperTrust+ワイルドカード(オプション)のご利用で、同一ドメイン内であれば複数のコモンネームを1枚の証明書でSSL暗号化通信を実現いたします。

コモンネームについて

取得時の注意について