証明書の取得に書類は必要ですか?

取得するSSLサーバ証明書により、書類の有無が異なります。
また申請を行う組織の登録状況によっても必要な書類が異なります。

以下、証明書ごとの書類の有無、原則必要となる書類の一覧です。

原則書類不要

審査により必要な書類
グローバルサイン 企業認証SSL
  • 書類審査の場合「電子証明書申請書」
  • 代表電話番号が確認出来ない場合「電話料金請求書」
EV SSL
  • 「グローバルサイン利用約款承諾書」 ※1
  • 「契約書署名者の在籍証明書」 ※2
デジサート セキュア・サーバID
  • 公法人が申請組織の場合「公法人証明書」
  • 第三者データベースが存在しない場合「弁護士意見書」
セキュア・サーバID EV
  • 公法人が申請組織の場合「公法人証明書」
  • 第三者データベースが存在しない場合「弁護士意見書」
サイバートラスト SureServer
  • 登記簿謄本や第三者データベースで住所が確認出来ない場合
    「公共料金請求書のコピー」
  • 第三者データベースで代表電話番号が確認出来ない場合
    「電話料金請求書」
SureServer EV for クラウド
  • 「SureServer EV証明書加入契約書同意書」
  • 「申請責任者登録書」
  • 申請組織の英訳組織名が有価証券報告書、第三者機関のデータベースのいずれでも確認できない場合「定款」「印鑑証明書」
  • 証明書発行審査に関わる事項を第三者機関のデータベース等で確認できない場合「弁護士意見書」または「司法書士意見書」または「行政書士意見書」
  • 証明書発行審査に関わる事項を第三者機関のデータベース等で確認できない場合「公認会計士報告書」または「税理士報告書」

※1 「リポジトリ/利用約款」(https://jp.globalsign.com/repository/)ページより『グローバルサイン利用約款承諾書』をダウンロードし、最終ぺージに申請組織様の情報をご記入の上、契約書署名者様の直筆の署名・申請組織様の組織名の確認できる社印(角)を押印してください。なお、以下の要件に該当する場合はグローバルサイン利用約款承諾書の提出は必要ありません。

  • 以前にグローバルサイン利用約款承諾書を提出したことがあり、今回の申請情報(申請組織情報・証明書承認者・契約書署名者情報)に変更のない場合。
  • グローバルサイン利用約款承諾書に署名した時点の利用約款のバージョンと、申請時のバージョンが同一である場合。

※2 以下の要件に該当する場合、在籍証明書の提出は必要ありません。

  • 申請組織様の人事部で、契約書署名者様の在籍確認が電話で完了できる場合
  • 契約書署名者様が、申請組織の登記簿に記載のある役員である場合
  • 以前に契約書署名者様の在籍確認が完了していて、今回の申請情報(申請組織情報・証明書承認者・契約書署名者情報)に変更のない場合

証明書の取得に書類は必要ですか?

証明書の取得・導入について