証明書の認証について 企業認証SSL

グローバルサイン 企業認証SSLでは、厳格な実在確認の元、証明書が発行されます。実在確認の認証には各取得組織により異なります。

ドメイン名の検証

企業認証SSLの審査にはドメイン名の検証が必要です。

▽2018年7月31日まで利用可能な方法
  • WHOIS組織名と申請組織名との一致確認
  • ドメイン名使用許諾書の提出
  • メール認証
  • ウェッブサイトチェンジ
▽2018年8月1日以降に利用可能な方法
  • メール認証
  • ページ認証
  • DNS認証

 詳細は 企業認証SSLの申請手順 よりご確認ください。

 証明書の認証手続きにおいて、コモンネームに含まれるドメイン名の登録者情報確認が行われます。
Whoisデータベースの登録者情報が非公開(プロテクト)設定となっている場合は、非公開設定を一時的に解除くださいますようお願いいたします。

一般企業、財団法人、社団法人、組合、相互会社、その他法人

帝国データバンクコード、DUNSナンバーをご利用の場合
グローバルサインからの電話による認証を行います。
1. 帝国データバンクコード、DUNSナンバーに掲載のある電話番号へご連絡を行い、申請者様の在籍確認と連絡先電話番号の確認を行います。
2. 上記確認事項を元に、申請者様へご連絡し、申請内容を確認させていただきます。
印鑑証明書を提出いただく場合

ご提出頂いた書類を元に審査を行います。電話による申請確認は行いません。

 書類送付の際には、証明書申請書、ドメイン名使用許諾書(ドメイン名義が異なる場合のみ)が必要となります。

教育機関

帝国データバンクコード、DUNSナンバーをご利用の場合
グローバルサインからの電話による認証を行います。
1. 帝国データバンクコード、DUNSナンバーに掲載のある電話番号へご連絡を行い、申請者様の在籍確認と連絡先電話番号の確認を行います。
2. 上記確認事項を元に、申請者様へご連絡し、申請内容を確認させていただきます。
印鑑証明書を提出いただく場合

ご提出頂いた書類を元に審査を行います。電話による申請確認は行いません。

 書類送付の際には、証明書申請書、教育機関実在証明書、ドメイン名使用許諾書(ドメイン名義が異なる場合のみ)が必要となります。

官公庁

1. 証明書申請書/官公庁組織実在証明書
ドメイン名使用許諾書(ドメイン名義が異なる場合)の提出
2. グローバルサインからの電話による実在確認

 書類送付の際には、証明書申請書、官公庁組織実在証明書、ドメイン名使用許諾書(ドメイン名義が異なる場合のみ)が必要となります。

グローバルサインの電話確認について

グローバルサインでは組織の実在確認として、電話による確認を行います。
電話での実在確認では、証明書の申請意思を確認します。

 グローバルサイン証明書に関しましては、コモンネームが参照するDNSサーバがCAAチェックを受け入れない設定となっていると証明書の発行ができません。
事前に、DNSサーバでCAAの確認について制限を行われていないかご確認ください。

証明書の認証について
企業認証SSL

申請・認証・発行について