CSRの作成手順 TLAS,Cobalt,BlueQuatzシリーズ

CSRの作成手順 TLAS,Cobalt,BlueQuatzシリーズ

1. 仮想サイトの選択

admin権限で管理画面にログイン後、メニューから「サイトの管理」を選択します。

仮想サイトのリストからSSLを設定したいサイトのアイコンをクリックし、仮想サイトの管理画面へ移動します。

2. SSL有効化

サイトの設定を選択し、[ssl]にチェックをいれ[保存]を選択ください。

3. SSL設定画面の表示

選択した仮想サイトの設定(ユーザのリスト)が表示されます。

画面左側のメニューから「サービス → SSL」を選択します。

4. CSRの作成

SSLの設定画面が表示されます。
[署名リクエストの作成]を選択ください。

CSRの作成情報の画面が表示されます。
以下の内容を参照の上、[署名リクエストの作成]を選択ください。

[新規の自己署名ディジタル証明書を発行]にチェックが入っている場合ははずしてください。

SSLの設定画面では、日本語で表示されていますが、項目は全て英名表記となります。

TLAS3.0 の場合、「サーバー名(FQDN) (省略可)」は空白にせず、コモンネームを入力してください。

設定内容
フィールド 説明
市町村区 市町村区を指定ください。 Chuou-ku ※1
都道府県 都道府県を指定ください。 Tokyo ※1
日本を指定ください。 日本
会社/団体 運営組織の英名表記を指定ください。 HyperBox Co.,Ltd. ※2
部署名 運組織の部署名を指定ください。 Sales
電子メール 未入力 -
有効な期間 自己証明の期間のため、1年を選択ください。 1年

※1セキュア・サーバID EV の場合は Not Applicable と指定します。

※2セキュア・サーバID の場合は、Organization を下記いずれかの表記にてご指定ください。
(外来語や固有名詞などの綴りをローマ字に変換いただく必要はありません。)

・英語組織名が、日本語の組織名を構成する単語を過不足無く翻訳したものであること。

・英語組織名が、日本語の組織名のローマ字表記であること。

・英語組織名が、帝国データバンクの英語組織名として登録されている名称と一致すること。

5. CSRの保存

[署名リクエストの作成]を選択後、作成されたCSRの保存確認が表示されます。ローカルのPCに保存ください。

6. CSRの確認

テキストエディターで作成されたCSRを確認し、証明書の申請を行います。

-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST-----
MIICNTCCAZ4CAQAwDQYJKoZIhvcNAQEEBQAwYzELMAkGA1UEBhMCanAxDjAMBgNV
BAgTBXRva3lvMRAwDgYDVQQHEwdrYXdhZ29lMRcwFQYDVQQKEw5NeSBDb21wYW55
IEx0ZDEZMBcGA1UEAxMQcGVuZ3Vpbi1oZWFkLmxxxxxeFw0wNjA0MjIxMTM3Mjda
Fw0xNjA0MTkxMTM3MjxxxxxxCzAJBgNVBAYTAmpwMQ4wDAYDVQQIEwV0b2t5bzEQ
MA4GA1UEBxMHa2F3YWdvZTEXMBUGA1UEChMOTXkgQ29tcGFueSBMdGQxGTAXBgNV
BAMTEHBlbmd1aW4taGVhZC5jb20wgZ8wDQYJKoZIhvcNAQEBBQADgY0AMIGJAoGB
AMXDYSfWjWUTYxfmleIZE4uH/LK73mZcXg3EXDtob79bqrlgdx6P9Phq4q1koXl8
0VK0gF0o3ZvvV08bhVhRwTRs6JRn4RktIPBWxpbGYD6ezfM+gIZ7tG+SQ4DNDXrG
G5K5LkbL3hQc5EWyUAtKiRMnI1slZkviMPJhxxxxE6G/AgMBAAEwDQYJKoZIhvcN
AQEEBQADgYEAoRlykFxCHssjoe/LNMMlb4T31vQpzdK5M3IGVgDDa9mzs19teagW
7OoRZDmIYagYAxxxxxxxxPPKRHpr1QGjp7/u0djuQ+ZUiGPrUwxlTOtiWBUwjFQk
HY5eoHdGKopo+ezn7NnrelcvYOaXoQvJtu6Jh+zPTnLEHhJOTi4iLs8=
-----END CERTIFICATE REQUEST-----

このCSRはサンプルです。利用できません。

7. 秘密鍵のバックアップ

SSL設定画面から[エクスポート]を選択します。保存確認が表示されますので、ローカルのPCに保存ください。

エクスポートされたファイル内の[-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----]から始まる部分が秘密鍵です。

-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
MIICXQIBAAKBgQDFw2En1o1lE2MX5pXiGROLh/yyu95mXF4NxFw7aG+/W6q5YHce
j/T4auKtZKF5fNxxxxxdKN2b71dPG4VYUcE0bOiUZ+EZLSDwVsaWxmA+ns3zPoCG
e7RvkkOAzQ16xhuSuS5Gy94UHORFslALSokTJyNbJWZL4jDyYTIvlhOhvwIDAQAB
AoGABf1p9uvvsm0I5lNsnMGHrwU6aSt5i/4mNyKIbKA4KkKbhCvgz8Mqd0+9d+UB
Yw2dxXSEIs43EB8KtPGvc0JeqKs2OtbMr8NCMAXqQqgSqj3eIOTWr3GG/3C7gbqA
SXaj6eJ5V3wlWkFYk+ksvknOVfAFswch6Nkxxxxxx7bpnnkCQQDjl4116iFq2N9/
aKlnwBzlMgyeBcZZ1VZl+7feRFw+Lih7rYEy8rnthXbV1Mqko0acGKTfN4Ynb0j1
2IhhPoMbAkEA3nKuV0PjhKQ9tWl15ykN7KHdN2zqJfEHaQfi+64rb+QPyMIp3vgy
gIMkyQ1QDaLE40xxxx3U7XQuD6Swj9ciLQJBANUeIHgxxxxTec37+s5NhoFU2Z3L
+I48iJgdG3NF/j63yG7v7REBW/vAQ6Q+i7eZsVAQf6sKelRJEEAukJ7HA8sCQQC3
HZaQtY0MOpulw8vP34bb3Z8aKilR1GkyxxxNN+H/+LBZpiQLrSr9iXd1neThZLVJ
HAEouBnY4sOsEvlZX1J9AkB8JFKraQdpR6b3PaSJvywIccMc1zMAy2q8WseMNwlh
Es/xeucZxVe/UIS8DJvTH8IZaa2/tBhT+ottPUFYewtF
-----END RSA PRIVATE KEY-----

このCSRはサンプルです。利用できません。

ヘルプ