SSLサーバ証明書のインストール方法 F5 BIG-IP LTM 10 (新規・更新)

SSLサーバ証明書のインストール方法 F5 BIG-IP LTM 10 (新規・更新)

こちらのマニュアルは、BIG-IP Local Traffic Manager 10.1.0.3341.1084 Virtual Edition を元に作成しております。

証明書を設定する「Profile」「Virtual Server」は、作成済みであるとします。

1

納品のご案内メールを参照できるよう用意しておきます。

2

中間CA証明書をインストールします。管理画面にログインし、Mainメニューの「Local Traffic」-「SSL Certificates」を選択し、「Certificate List」画面内の「Import...」ボタンを押します。

図1

3

各項目の設定を行い、「Import」ボタンを押します。

  • 「Import Type」 「Certificate」を選択
  • 「Certificate Name」 「Create New」を選択 中間証明書の名前を入力
  • 「Certificate Source」 「Paste Text」を選択 メール内の「◆中間証明書」を貼りつける

図2

4

証明書をインストールします。「Certificate List」画面内のCSRを作成した証明書を選択し、 次の画面で「Import...」ボタンを押します。

図3

図4

5

「Certificate Source」で「Paste Text」を選択、メール内の「◆証明書」を貼りつけ「Import」ボタンを押します。

図5

6

「Local Traffic」-「Plofiles」-「SSL」-「Client」で、設定を行うプロファイルを選択する。

図6

7

「Configuration」をAdvancedに変更、Certificate、KeyのCustomを有効にし(5)の証明書を選択。
ChainのCustomを有効にし(3)の中間証明書を選択し、「Update」ボタンを押します。

図7

8

「Local Traffic」-「Vitrual Servers」-「Virtual Server List」で、設定を行うバーチャルサーバを選択する。

図8

9

SSL Profile(Client)に(7)で設定したプロファイルを選択し、「Update」ボタンを押します。

図9

その他の詳細につきましては、BIG-IPのマニュアルをご参照ください。

ヘルプ