1. SSLサーバ証明書のドメインキーパー
  2. マニュアル・ヘルプ
  3. 導入マニュアル
  4. CSR・インストール・シールについて
  5. SSLサーバ証明書のインストール方法 Oracle Wallet Manager(新規・更新)

SSLサーバ証明書のインストール方法 Oracle Wallet Manager(新規・更新)

SSLサーバ証明書のインストール方法 Oracle Wallet Manager(新規・更新)

このマニュアルは、Windows版を元に作成しております。

※認証局においては未確認とのことですが、バージョンによっては中間CA証明書の設定ができない場合やCSRと証明書のディスティングイッシュネームが一致しない事で証明書のインポートができない場合があるようです。ご注意ください。

1

納品のご案内本文から「◆証明書」と「◆中間(CA)証明書」のデータ(-----BEGIN CERTIFICATE-----から -----END CERTIFICATE----- まで)をコピーしてサーバに保存します。

ルート証明書は、下記より必要なものをダウンロードし、サーバに保存します。

2

Oracle Wallet Managerを起動し、CSRを生成したWalletを開きます。

図1

3

メニューの「操作」−「信頼できる証明書のインポート」を選択し、1で作成したルート証明書・中間CA証明書をインポートします。

図2

図3

4

メニューの「操作」−「ユーザー証明書のインポート」を選択し、 1で作成した証明書をインポートします。

図4

図5

5

必要であればメニューの「Wallet」−「自動ログイン」にチェックを入れ、「保存」でWalletを保存します。

6

「ssl.conf」の「SSLWallet」ディレクティブにWalletを保存したパスを指定します。

<VirtualHost _default_:443>
SSLEngine on
SSLWallet file:[ORACLE_HOME]\Apache\Apache\conf\ssl.wlt\default
</VirtualHost>

このほかの詳細な情報に関してはOracleのWEBページを確認してください。

ヘルプ