1. SSLサーバ証明書のドメインキーパー
  2. シマンテックのラインナップ/価格
  3. シマンテック セーフサイトのお申し込み方法

お申し込み方法/シマンテック セーフサイト

シマンテック セーフサイトのお申し込み方法

お申し込みに必要な以下の各項目をご確認の上、お申し込み情報と、必要な場合は書類の準備をします。

1. 申請団体情報の確認

シマンテック セーフサイトを申請する団体情報を確認してください。

シマンテックでは、日本国内の以下の様な区分の団体へシマンテック セーフサイトを発行しています。
申請団体の区分や状況により、申請団体を証明するための書類が必要になります。該当する申請団体の各区分をご確認ください。

A. 日本に登記のある法人・団体(一般企業、財団法人、学校法人、社団法人、組合、相互会社、その他法人)

以下の申請団体様は登記簿謄本(法務局の発行日より3ヶ月以内のもの)の提出が必要となる場合がございます。

  • 帝国データバンクコードをお持ちでない法人
  • 帝国データバンクのデータベースで団体情報を参照・確認できない法人

以下団体の場合は申請団体を証明するための書類は不要です。

  • 帝国データバンクコードをお持ちで、且つ帝国データバンクのデータベースで団体情報の確認が可能な法人
    (※帝国データバンクコードをお持ちでも、認証に必要なデータがない場合がございます。その場合、登記簿謄本をご提出いただくことが必要となる場合がありますので、ご了承下さい。)
B. 中央省庁および国の機関/地方公共団体およびその機関

国立印刷局発行の「職員録」に登録のある団体単位でシマンテック セーフサイトを申請してください。
この場合、申請団体を証明する書類のご提出は不要です。

C. 大学・国公立の高校

国立印刷局発行の「職員録」に登録のある学校単位でシマンテック セーフサイトを申請してください。
この場合、申請団体を証明する書類の提出は不要です。

D. 国家資格取得者

シマンテック セーフサイトの申請に際して、各資格ごとに異なる必要書類をいくつかご提出いただく必要があります。

2. 使用するドメイン名の確認

シマンテック セーフサイトの発行において、申請いただいたメールアドレスのドメイン所有者を確認いたします。

使用するドメイン名の所有名義や種類(.ne.jp※)により、ドメイン名に関する追加のお手続きや書類の提出が必要となる場合がございます。 以下の手順でシマンテック セーフサイト申請に使用するドメイン名の確認をしてください。

2-1 ドメイン名の名義確認

ドメイン名の名義(“Registrant” または“組織名”)を登録レジストラのWHOISで確認します。確認方法はドメイン名の種類などにより異なります。

ドメインの種類 確認方法
.com,.net 確認方法の詳細は以下ページを参照ください。
.org WHOISデータベースで該当ドメイン名を検索します。
.biz WHOISデータベースで該当ドメイン名を検索します。
.info WHOISデータベースで該当ドメイン名を検索します。
.jp(co.jp,ac.jp,or.jp など含む) WHOISデータベースで該当ドメイン名を検索します。
その他TLD(ccTLDなど) 確認方法の詳細は以下ページを参照ください。
※.ne.jp WHOISデータベースでは所有名義を確認できません。
別途お手続きや書類の提出が必要となる場合がございます。
2-2 必要書類の確認

以下のドメイン名の場合にはドメイン名に関する追加のお手続きや書類のご提出が必要となる場合があります。

  • 「2-1 ドメイン名の名義確認」を行った結果、シマンテック セーフサイト申請団体とは異なる名義で所有するドメイン名であった場合
  • .ne.jp ドメインの場合

3. 申請責任者の在籍・役職確認

シマンテック セーフサイト申請の際には、申請団体に所属する正社員・正職員の方を「申請責任者」としてご登録いただきます。

「申請責任者」としてご登録いただいた方には、シマンテックでの認証の一環としてご本人へのお電話による申請意思の確認を行います。必ずご本人様に対応いただく必要がありますので、お電話での対応が可能な申請団体に所属する正社員・正職員の方を事前に決定ください。

  • 「申請責任者」を指定します。
  • 申請団体が「大学」の場合、学校に所属する正職員の方で登録してください。
  • 申請団体区分が「国家資格取得者」の場合にはこちらを参照してください。
  • 帝国データバンクコード等、第三者データベースで代表電話番号を確認することができない場合には、認証実施のために、以下の1〜3のいずれか1つをご対応いただきます。
    1. データベースへの電話番号公開
      NTT番号案内サービス(104)へ電話番号を公開してください。申請団体名およびその所在地で電話番号照会が可能となった場合、シマンテックより確認できた電話番号へ電話認証が実施されます。
    2. セキュリティコード発送による意思確認への切り替え
      認証担当者より申請責任者宛にセキュリティーコードとシマンテック連絡先電話番号を記載した書類を発送します。
      書類を受領した申請責任者からシマンテックへ電話連絡をいただき、口頭でセキュリティーコードが一致することで電話認証(意思確認)を実施します。
    3. 電話番号を証明する書類
      代表電話番号を表明する書類として、要件を満たす以下の書類をシマンテック宛に送付してください。書類の受領後、シマンテックより表明された電話番号へ電話認証が実施されます。
      ・弁護士または会計士によって署名された意見書
       要件1.使用している電話番号、申請団体名が表明されていること
       要件2.作成者に関する検証情報が必要

一定期間内に実施した有効な認証履歴がある場合、電話認証を実施せずに認証を完了できる場合があります。
その際には、申請責任者様のEメールアドレス宛に、全ての認証が完了した旨をお知らせするメールを送信させていただきます。

認証局における電話認証の際に、代表電話から申請責任者への電話転送、または連絡先電話番号確認のいずれも出来ない場合は、在籍証明書を提出いただきます。
在籍証明書を提出していただく場合、認証局より提出された在籍証明書の発行元である人事部門に電話連絡を行い、その有効性を確認します。

4. 弊社サイトにてお申し込み

弊社サービスマネージャからお申し込みください。

【サービスマネージャー】https://www.domain-keeper.net/usr/ssl/

ウェブブラウザ上から、弊社にご登録いただいているメールアドレス/パスワードを利用し、ログインいただきます。

ログイン後、以下の手順にてセーフサイトのお申し込み、ならびにセーフサイトを取得する組織等の情報をご連絡いただきます。

シマンテック セーフサイトのお申し込み
項目.1 コモンネームの入力
項目.2 お申し込み証明書の選択
項目.3 取得年数・ライセンス数の決定
項目.4 申請団体情報の入力
企業団体名の入力
帝国データバンク企業コードの入力
公共団体の選択
申請団体代表者氏名の入力
郵便番号の入力
都道府県・市区町村郡・それ以降の住所(英字)の入力
※の付いた項目は必須項目です。
項目.5 申請責任者情報の入力
所属部署名の入力
申請責任者氏名の入力
申請責任者氏名ふりがなの入力
役職の入力
メールアドレスの入力
電話番号の入力
※の付いた項目は必須項目です。
項目.6 申込内容(申請内容)確認
※お申し込み内容ならびに申請内容の確認となります。

5. シマンテックから実在認証(電話確認)

シマンテックより実在認証手続きが行われます。また、条件により書類の送付が必要となる場合がございます。

必要書類の送付 (必要な場合)

書類の送付が必要となった際には、申請開始後に弊社よりご案内いたします。必要書類に関しては、1. 申請団体情報の確認 をご確認ください。

書類の提出先

【FAXで提出する場合】
シマンテック・ウェブサイトセキュリティ Digital IDセンター
FAX番号:044-555-2520

【Eメールで提出する場合】
PDF化しEメールに添付してください。
送信先:auth_support_japan@symantec.com

【シマンテック社ドキュメントマネジメントシステムで提出する場合】
書類アップロード用サイトのURLにアクセスし、PDF化した書類データをアップロードしていただきます。URLは書類提出が必要となった際に弊社よりご案内いたします。

【簡易書留・宅配便での書類送付先】
〒212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町580-16 川崎テックセンター
シマンテック・ウェブサイトセキュリティ Digital IDセンター
TEL:03-5114-4135

シマンテックでの認証作業

お申し込み手続き終了後、シマンテックにて認証作業を行います。認証作業の過程で担当者へ電話連絡を行います。

シマンテックでの申請情報確認
1. 申請情報の確認 ご提出いただいた申請情報の確認を行います。また登録申請書以外に書類の提出が必要な申請の場合には、送付いただいた必要書類の確認を行います。
2. 申請団体の実在性確認 ご登録いただいた申請情報とシマンテックが使用する第三者データベースまたは提出いただいた書類を元に申請団体の実在性の確認を行います。
3. ドメインの所有権の確認 Whoisデータベースまたは提出いただいた書類を元に、ドメインの所有権の確認を行います。
4. 申請責任者の在籍・意思確認 1.〜3.の認証が完了後、ご登録の申請責任者の在籍確認と、ご本人への電話による申請の意思確認及び申請内容の確認を行います。
第三者データベースで代表電話番号を確認することができない場合

申請団体の代表電話番号が「帝国データバンク」、「東京商工リサーチ」、「NTT番号案内サービス」、「職員録(公共団体)」のいずれのデータベースでも確認できない場合、電話認証実施のために、以下の1〜3のいずれか1つをご対応ください。

  1. データベースへの電話番号公開
    NTT番号案内サービス(104)へ電話番号を公開してください。申請団体名およびその所在地で電話番号照会が可能となった場合、シマンテックより確認できた電話番号へ電話認証が実施されます。
  2. セキュリティコード発送による意思確認への切り替え
    認証担当者より申請責任者宛にセキュリティーコードとシマンテック連絡先電話番号を記載した書類を発送します。
    書類を受領した申請責任者からシマンテックへ電話連絡をいただき、口頭でセキュリティーコードが一致することで電話認証(意思確認)を実施します。
    ※SSLサーバ証明書申請時の申請責任者には、組織の代表者様(印鑑証明書記載の代表者)をご登録いただく必要がございます。
    • 『法人の印鑑証明書』(発行日より3ヶ月以内の原本)
    • 『登録申請情報 確認書』(aの印鑑証明書登録印を押印したもの)
  3. 電話番号を証明する書類
    代表電話番号を表明する書類として、要件を満たす以下の書類をシマンテック宛に送付してください。書類の受領後、シマンテックより表明された電話番号へ電話認証が実施されます。
    • 弁護士または会計士によって署名された意見書
      要件1.使用している電話番号、申請団体名が表明されていること
      要件2.作成者に関する検証情報が必要

6. マルウェアスキャン〜ノートン™セキュアドシールの発行

シマンテックでの認証手続きや初回マルウェアスキャンにおいて特に問題の無かった場合、ノートン™セキュアドシールを掲載させるためのソースコードを取得するURLを弊社よりご案内いたします。

ソースコードを入手いただきシールを表示させたいウェブページに追記してください。

シマンテック SSLの基準を作り上げた実績、世界の認知度No.1。