SSLサーバ証明書のインストール方法 TLAS,Cobalt,BlueQuatzシリーズ

SSLサーバ証明書のインストール方法 TLAS,Cobalt,BlueQuatzシリーズ

1. 発行された証明書の保存

発行された証明書のデータをテキストファイルに保存してください。

2. 仮想サイトの選択

admin権限で管理画面にログイン後、メニューから「サイトの管理」を選択します。
仮想サイトのリストからSSLを設定したいサイトのアイコンをクリックし、仮想サイトの管理画面へ移動します。

3. SSL設定画面の表示

選択した仮想サイトの設定(ユーザのリスト)が表示されます。
画面左側のメニューから「サービス → SSL」を選択します。

4. 中間証明書のインストール

納品のご案内に記載の中間証明書やクロスルート設定用証明書をテキストファイルに保存します。

証明書認証機関の名称:任意の名称を入力 例)GlobalSign、AlphaSSL、HyperTrust、AOSSLなど

証明書を選択        :->保存した中間証明書を参照

ジオトラスト、シマンテックの証明書はクロスルート証明書の適用が可能です。
下記リンク先の内容をご確認の上、必要に応じてインストールします。

インストールしない場合は下記の項目は飛ばしてください。

[認証機関の管理]を選択、次の画面で以下の情報を入力します。

証明書認証機関の名称:中間証明書と重複しない任意の名称を入力 例)GeoTrust2、Symantec2など

証明書を選択        :->保存したクロスルート証明書を参照

元の画面に戻りますので[保存]ボタンをクリックします。

5. 証明書のインストール

[インポート]ボタンをクリックしてください。

ファイルの参照画面が表示されますので、[参照]ボタンをクリックし、保存した証明書ファイルを選択して[インポート]ボタンをクリックしてください。

元の画面に戻りますので[保存]ボタンをクリックします。
以上で証明書のインストールは完了となります。

インポート時下記エラーメッセージが表示される場合、こちらをご参照下さい。

エラーメッセージ: 表示する証明書情報をアップデートできません。

ヘルプ