管理画面からインストールされない場合は下記手順を実施せず、保存ファイルを直接上書きしてApacheを再起動してください。

 管理画面よりインポートを行いますと、/etc/httpd/conf/vhosts内のサイト番号ファイルが上書きされて初期化されます。
そのファイルをカスタマイズをされている場合は、該当ファイルをバックアップの上証明書をインストールし、その後差し替え・Apache再起動をお願いいたします。

1. キーペアファイルの保存

保存頂いた秘密鍵と証明書とを以下の形式でテキストファイルに保存してください。
(キーペアファイルといいます。)

-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
MIIBOwIBAAJBAJNQ5efzHjquVVXSRevuqkkiCIicWOIqSKM42GUdgVUncwNUT6tC
JUW0Df3DeAvfpXeGaVDxvjyxrVFFiiePFHECAwEAAQJBAI07vt7sX2vk3V1FFdIG
42zv2vyV4EUcQr1xb00px2fJ0QT3Gf4dRUIX7GwhENH79gS4ql5KAMxECNE+33Zn
GsECIQDC/zslc43OZzpYcm5wGaYqLe21PibmRNsdROZ6XPwLSQIhAMFnB2Jh83iS
OM0wG6F7gDe13g3Elh290rhdFCigu1fpAiA3p4MpGEcD/yB++AIfSqLLbRpoXVna
5RIo0254xCtHyQIgHNEiK4mWwn9fEUu6wjvppeNmW7zP9UyEak4MI+WXJIkCIQCA
6Niu8OgelSTUcjPIesBaWPV1isJjFBGHvTVJ1QbxZQ==
-----END RSA PRIVATE KEY-----

-----BEGIN CERTIFICATE-----
MIICUDCCAfqgAwIBAgIJAOBO4hzQTJ9zMA0GCSqGSIb3DQEBBQUAMFExCzAJBgNV
BAYTAkpQMQ8wDQYDVQQIEwZTYW1wbGUxDzANBgNVBAcTBlNhbXBsZTEPMA0GA1UE
ChMGU2FtcGxlMQ8wDQYDVQQDEwZzYW1wbGUwHhcNMTAxMDE1MTQ0NDA4WhcNMTAx
MTE0MTQ0NDA4WjBRMQswCQYDVQQGEwJKUDEPMA0GA1UECBMGU2FtcGxlMQ8wDQYD
VQQHEwZTYW1wbGUxDzANBgNVBAoTBlNhbXBsZTEPMA0GA1UEAxMGc2FtcGxlMFww
DQYJKoZIhvcNAQEBBQADSwAwSAJBAJNQ5efzHjquVVXSRevuqkkiCIicWOIqSKM4
2GUdgVUncwNUT6tCJUW0Df3DeAvfpXeGaVDxvjyxrVFFiiePFHECAwEAAaOBtDCB
sTAdBgNVHQ4EFgQUyhNaRYchS/THnfVfm5aZ4YLHeyowgYEGA1UdIwR6MHiAFMoT
WkWHIUv0x531X5uWmeGCx3sqoVWkUzBRMQswCQYDVQQGEwJKUDEPMA0GA1UECBMG
U2FtcGxlMQ8wDQYDVQQHEwZTYW1wbGUxDzANBgNVBAoTBlNhbXBsZTEPMA0GA1UE
AxMGc2FtcGxlggkA4E7iHNBMn3MwDAYDVR0TBAUwAwEB/zANBgkqhkiG9w0BAQUF
AANBABNyd22ZA7zmPENxj7Q+KpnT9uXbQC34j+i6L6/r0mI+QCfEMPe3GbQRR+tr
i2zeABcd127iqNP43RItPyrFh08=
-----END CERTIFICATE-----

※この秘密鍵及び証明書はサンプルです。利用できません。

2. 仮想サイトの選択

admin権限で管理画面にログイン後、メニューから「サイトの管理」を選択します。
仮想サイトのリストからSSLを設定したいサイトのアイコンをクリックし、仮想サイトの管理画面へ移動します。

3. SSL設定画面の表示

選択した仮想サイトの設定(ユーザのリスト)が表示されます。
画面左側のメニューから「サービス → SSL」を選択します。

4. SSLサーバ証明書のインストール

SSLの設定画面が表示されます。

5. 中間証明書のインストール

納品のご案内に記載の中間証明書やクロスルート設定用証明書をテキストファイルに保存します。

証明書認証機関の名称:任意の名称を入力 例)GlobalSign、AlphaSSL、HyperTrust、AOSSLなど

証明書を選択        :->保存した中間証明書を参照

ジオトラスト、シマンテック、一部グローバルサインの証明書はクロスルート証明書の適用が可能です。
記リンク先の内容をご確認の上、必要に応じてインストールします。

 インストールしない場合は下記の項目は飛ばしてください。

[認証機関の管理]を選択、次の画面で以下の情報を入力します。

証明書認証機関の名称:中間証明書と重複しない任意の名称を入力 例)GeoTrust2、Symantec2など

証明書を選択        :->保存したクロスルート証明書を参照

元の画面に戻りますので[保存]ボタンをクリックします。

6. 証明書のインストール

[インポート]ボタンをクリックしてください。

[インポート]ボタンをクリックしてください。

ファイルの参照画面が表示されますので、[参照]ボタンをクリックし、先ほど保存したキーペアファイルを選択して[インポート]ボタンをクリックしてください。

元の画面に戻りますので[保存]ボタンをクリックします。

以上で証明書のインストールは完了となります。

 インポート時下記エラーメッセージが表示される場合、こちらをご参照下さい。

エラーメッセージ: 表示する証明書情報をアップデートできません。

SSLサーバ証明書のインストール方法
TLAS,Cobalt,BlueQuatzシリーズ

CSR発行サービスについて