マネージドPKI Lite

マネージドPKIの利点や特徴

グローバルサインの「マネージドPKI Lite」のポイント

コストは最小限!初期費用・保守費用不要、最小10枚からご利用可能!

一般的にクライアント証明書サービス(認証局アウトソーシングサービス)では証明書ライセンス費用とは別に、初期費用や保守費用が別途必要となるケースが多いですが、グローバルサインの「マネージドPKI Lite」では、不要となります。

最小10枚からご利用可能

ご利用費用は、最小10枚、有効期間1年間からの、証明書ライセンス費用のみで、ご利用が可能ですので、コストを最小限に抑えることができます。

ハードウェア不要!クラウド環境での認証局運用

ASP/SaaSタイプの認証局運営サービスですので、認証局の運営のために別途、ハードウェアをご用意いただく必要がございません。

低コストでご利用ユーザの負担を増やさず、簡単に、既存のシステムにクライアント認証サービスを導入できます。

アクセス認証・メールの署名/暗号化どちらにも対応

その他のクライアント証明書では機能が限定されている場合があり、アクセス認証用で1枚、メールの署名/暗号化用で1枚といったように、複数の証明書の発行が必要になる場合もございますが、「マネージドPKI Lite」は1枚の証明書でアクセス認証・メールの署名/暗号化どちらにも対応しています。

1枚の証明書で複数端末利用が可能

証明書を複製してご利用いただくことが可能ですので、ご担当者様1人で複数の端末を業務にご利用の場合でも、1枚で複数の端末に導入が可能です。

優れたサービス保証と安心のサポート体制

「マネージドPKI Lite」では、秘密鍵や証明書紛失の際の「再発行」は、有効期間内であれば、「何度もでも無償で可能」です。

また、導入前の「テスト証明書」をご提供しておりますので、事前にご利用システムとの相性等をご確認いただく事が可能です。

導入後であっても、「7日間の完全返金保証付き」です。

さらにグローバルサインウェブサイトにてマニュアルや技術的なFAQが用意されているので、初めての導入の際も、安心です。

多彩な発行方法と柔軟な設定が可能

証明書のひな形である証明書プロファイルの追加や、複数管理者設定は無償でご利用いただけますので、お客様組織にあわせた柔軟なセキュリティ設定が可能です。

証明書発行方法も管理者が個別に申請する方法や、CSVファイルにて一括で申請する方法、ユーザが専用ポータルから直接申請する方法,APIを利用した申請等、お客様のご利用シーンに合わせた多彩な発行方法をご選択・ご利用いただけます。

発行する証明書についても、「証明書エクスポート不可設定」や「自動更新機能の有無設定」等、細かな設定にも対応しています。

クライアント証明書 商品ラインナップ